院内処方にこだわる理由

院内処方にこだわる理由

当院では患者さんにやさしい院内処方を採用しています
診察を受けた医療機関で、直接薬を受け取るものを院内処方、処方箋を発行してもらい、院外薬局で薬を受け取るのを院外処方と言います。

最近では医薬分業が進み、多くの医療機関で院外処方を採用していますが、土佐医院では患者さんにメリットの大きい院内処方を採用しています。

○調剤薬局などへの手数料が少ないため自己負担額が少なくなることが多い。
○薬局に行く手間や時間が節約でき、会計が一度で良い。
○希望により、薬の変更追加、日数の調節が窓口で簡単にできる。
○診療の内容をすぐ確認できるため、より的確に服薬について説明できる。

○複数の医療機関から薬の処方がある場合には、飲み合わせなど安全性の面で優れている。
○薬の種類が豊富である。

土佐医院には、赤ちゃんからご高齢の方まで幅広く来院されます。体調が悪い方も多いため、すぐ薬が貰えて帰宅できるメリットは大きいと思います。
また、院外処方ですと、院内処方に比べていろいろな料金が加わるため、患者さんの負担額もが高くなってしまいます。少しでも患者さんの負担を減らしたい…との思いから、 当院では院内処方にしております。

もちろん、「かかりつけ薬局」がある場合は、院外処方として、処方箋の発行もいたします。